早めに使うねずみ超音波

subpage1

家の中で屋根裏や床下にねずみが住みついてしまうと夜中に活動するので物音がするようになります。

ねずみは放置しておくとすぐに増えるので早く退治することです。

ねずみは小さい隙間などから入り込んできます。

警戒心が強いので昼間にあまりその姿を見ることはありません。



しかし夜になれば活動して食べ物を探します。



ねずみは住み着くと巣を作りますが、紙や布を材料にして作るのです。
巣を作るということは住みやすい環境ということになりそこで繁殖して増えていくことになります。
ねずみの被害は家財をかじられてしまうことや配線などかじられてしまいます。

配線をかじられて火災になるケースもあるのです。
ねずみは病原菌を持っているので病気を引き起こす事もあります。

ねずみを退治する方法としてねずみ超音波を使用する方法があります。



ねずみ超音波というのは人やペットなどには影響なくネズミには不快となる周波数を出し続けて撃退するというもいのです。
他にも粘着シートや薬を使うという方法もありますが、粘着シートは捕獲すると処分しなければならないことと、薬は見えないところでねずみが死んでいるという事もあるのです。

ねずみ超音波はそのようなことはなく、継続的にストレスを与え続けて不快な環境にして追い出すのです。ねずみ退治はやはり数が少ないうちに行う方が確実に撃退することができるので早めに行うことです。
ねずみ超音波を使って退治する方法は業者も使っている方法でもあります。