無線LANの規格別での速度比較

無線LANの規格は、電気通信関連の仕様を標準にしている「米国電気電子学会」という所が定めたいるものが国際基準となっています。
規格によって通信速度の違いなどがあるのです。

まずIEEE802.11bという規格です。

最大通信速度は11Mbprsとなっていて、2.4GH/z帯の中で一番古い規格です。
5GHz無線帯に比べると壁や物などの障害物耐性は強くなっておりますが、家電製品である電子レンジやコードレス電話などの影響を受けやすい点があります。
次にIEEE802.11aです。

最大通信速度は54Mbpsで、5Ghz帯で一番古い規格です。


電波法によりこちらは屋外での使用が禁止されているのです、3つ目にIEEE802.11gです。



最大通信速度は54Mbpsになっていて、IEEE802.11bと同様に家電製品である電子レンジなどの影響を受けやすく、通信が遅くなってしまう弱点があるのです。

次にIEEE802.11nです。

最大通信速度が600Mbpsと非常に速いですが気象レーダーを感知した場合、一時的に通信が停止してしまうデメリットがあるのです。


4つ目にIEEE802.11acです。
こちらは6.9Gbpsで一度に送信することが出来るデータ量を増やし、通信の速さも上がっているのです。



最後にIEEE802.11abです。

こちらは6.7Gbpsで、範囲が半径10mの通信に限られてきますが、安定したギガビットの高速通信が実現されました。
このように無線LANの規格は6種類あるのです。無線LANはこのうちのどれかの規格に当てはまっており、その規格によって性質が変わっています。